FC2ブログ

タイトルの通り、ちょっと試験的に短いお話(だいたい1500字~2500字)を書く練習をしようと思います。ダラダラ書かない練習ともいう。六月に向けてちゃんとしたお話の更新が出来そうにないので、穴埋め的な感じでやっていけたら……。モジュとか曲パロとか色んなことに挑戦したいですね!

ということで、第一回は歳の差姉弟みねです。なかなか理想の文字数にまとめられたのではないかと思いますがどうでしょう。中身はちょっと駆け足かな?


桜色メランコリー

 二つ上の姉の指先に色が付いている事に気が付いたのは、ほんの一週間ほど前の事だ。
 健康的な桜色よりも少しだけ濃いその色は、遠目からだと多分気付かないだろうってくらいの些細なもの。
 けれどそれは、恐らく彼女の高校の規則でも許されていない「イケナイコト」――校則違反のハズだ。
 比較的真面目な彼女がどうしてそんな事をやっているのか、ここのところずっと疑問に思っていた。友達同士て流行っているとか、何かのおまじないだとか色々考えては見たけれど、どれも説得力に欠ける。
 だけど……今、何となくその理由が分かった様な気がする。
 部屋から出てきたリンは、いつもよりちょっとだけよそ行きな格好をしていて、そしてよく見るとうっすら化粧もしていた。
 そんな彼女の指先を彩るのは――

「……桜?」
「そう。可愛いでしょー」

 気付いてもらえたことが嬉しいのか、リンは爪がもっとよく見える様にと手の甲をこちらに向けて、得意げに微笑んだ。

「どうしたの、これ」
「ネイルアート。リリィちゃんに借りたファッション誌見ながらやってみたの。春だから春っぽくしてみました!」

 似合うでしょ、と言いながら、リンは庭先の蝶みたいにひらりと指を振る。
 薄い桃色から白へのゆるやかなグラデーション。桜のシール。所々にちりばめられた、宝石の欠片みたいな銀色の粒……。
 女の子のオシャレに関しては全くもって詳しくないけれど、多分すごく大変で、時間がかかるのだろう。あまり器用じゃないリンにしては上等な出来だと思う。
 しかし、これまでファッションの流行を追いかける様な性格じゃなかったリンが急に「イマドキの女の子」みたいなことをやりだすなんて、どういう心境の変化なんだ。

「なに、今からデートでも行くの?」

 冗談半分、からかい半分で言ったその言葉は、オレの予想では「何馬鹿なこと言ってるの」の一言で片づけられるはずだった。
 なのに。

「……お父さんとお母さんには内緒だよ」

 リンは桜色を乗せた頬を更に染め、妖艶とすらいえる笑みを唇に浮かべると、桜に彩られた爪をそっとそこに添えた。
 それは。それじゃあ、まるで―――…。

「…………似合わない」
「え?」
「そんなもんリンには早いんだよ! 大体なんだよ、マニキュアって校則違反なんじゃねーの? そこまでして飾ったって可愛くなれるわけじゃないのに、ばっかじゃねー!」
「あ、ちょっとレン!」
「寝る! 出かけるんだったらさっさと行けよ、何しに行くか言い触らすぞ!」

 色んなもんが気に入らなくて、突き放す様に怒鳴る。
 そんな俺を見てリンが困ったような顔をするのが尚更気に障って、わざとドンドン床を踏んで自分の部屋へと戻った。
 ぼふん。
 布団に思い切りダイブして枕を抱え込んでも、イライラは治まる気配がない。
 なんだよ、オシャレって。なんだよ、内緒って……!
 そりゃ、最近急に女の子らしいことするようになったなぁとは思ったけれど。けれどそんなの、友達の影響だとか、学年が一つ上がって浮かれているだけだとか、そんな言葉で簡単に片付けられる範疇のはずだった。
 そりゃ、高校二年生にもなれば、コイビトくらいできてもおかしくはないけれど。けれど、だってつい最近まで、そんな気配はこれっぽっちもなかったじゃないか……!
 絶対に否定されると思っていたのに裏切られたのが悔しいのか。黙っていられたことがムカつくのか。
 それとも、ただ単純に。

「――――――ちげーし!!」

 頭に浮かんでしまったその可能性を打ち消したくて投げ飛ばした枕は、タイミングよく開いたドアから顔をのぞかせたおふくろの顔面に突撃して、雷と共に返却されることとなった。

(知らない男に取られるのが面白くないだなんて、これっぽっちも思っていない)


【1503字】


◇◆◇
知らない男にお姉ちゃんを取られそうでヤキモチ焼いちゃう系レンくん。きょうだいの恋愛模様を耳にするのって色々フクザツだよねって話。knsn的な意味合いは一切ないです。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

お団子食べたい

一月分

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。