FC2ブログ

寝付けなくて布団の中でポチってたモジュネタです。会話のみ。
ネタ自体はキュートちゃんの設定を練っているときに浮かんだものですが、色々ひどいので、何が起こっても許せる心の広ーい方のみ閲覧お願いしますw


因みにうちの子設定
キュート
ボクっ子。可愛い顔して中身おっさんのセクハラ常習犯。他のモジュールをあだ名で呼ぶ(例:チアフルキャンディ=チアチア、リアクター=りーあん)
リアクター
いつ見ても不機嫌そうな顔をしているツンツンっ子。笑顔はレア中のレア。寝起きが最も機嫌が悪い。
チアフルキャンディ
細かい設定は考え中。怪力設定とか入れてみたい。リアクターと仲良し。


キュートちゃんがだいぶウザい子です。ヘンタイです。ごめんなさいでも楽しかったです。
「おっはよー、チアチアっ!」
「ぴきゃっ!?」
「はぁ~…やっぱチアチアのおっぱいは柔らかくて気持ちいいねぇ。マシュマロみたいで最高だよ!この手にピッタリと収まるサイズもちょうどいいし」
「ひっ……き、キュートちゃんだって同じ大きさじゃない…!なんでわたしのを触るのよぅ」
「愚問だね。チアチア、君は自分の胸に萌えるのかい?萌えないだろう。そう、ボクはボク以外の全ての『鏡音リン』のモジュール達の胸を心から愛でているんだよ!ちっぱい最高!!」
「それ褒め言葉じゃないよ!」
「うーん、でも強いて言うと、チアチアの胸の感触を心行くまで堪能するには、このリボンがちょっとジャマかなぁ。ねぇ、これ取れないの?」
「やっやめて取らないで!」
「……およ?あそこを行くはりーあんじゃないか!」
「り、リアちゃん!リアちゃぁぁん!!」
「チア?と、……相変わらずね、キュート」
「ふぇぇ、怖かったよリアちゃぁぁぁん!」
「あーよしよし。……ちょっとキュート!あんたいい加減そのセクハラ癖何とかしなさいよ!」
「セクハラとは何だい、りーあん?これはれっきとしたボクの趣味だよ!」
「だからそれが問題なんだって!ていうかその呼び方ウザいから止めて」
「りーあんはりーあんじゃないか!りーあんのクールながらも内に秘められているであろう可愛らしさを体言するのにここまで相応しい呼び方はな」
「あーはいはいわかった。それはもうどうでもいいから、チアをいじめるのはやめたげなさいよ」
「心外だな!ボクがチアチアをいじめるワケ無いじゃないか」
「何言ってるの、こんなに怯えてるじゃない!」
「やだなぁ、こんなのただのスキンシップだよ☆」
「スキンシップでむ、胸を揉む人なんかいないよっ!」
「いいじゃないか、男に触られてるワケじゃないんだし」
「男じゃない分あんたは自重しないでしょ」
「こんなの挨拶みたいなもんだよ!そう、いうなればハイタッチならぬパイタッチ☆」
「ウザい!」
「あ!でも、ボクはりーあんに対してパイタッチをするつもりはないんだよ」
「……どういう意味よ」
「りーあんの胸にはそこまでの魅力を感じないというか」
「……地獄に落とされたくなかったらその口しっかり縫い付けておきなさい」
「おっと、これは決してりーあんのちっぱいをけなしているワケじゃないんだよ!むしろ素晴らしい!!でもね、りーあんにはもっと魅力的な部分があるワケであって、ボクとしては是非ともそちらを堪能させていただきたいと」
「はぁ……付き合ってらんない。チア、行くわよ」
「う、うん……」
「キター!!スキありっ☆」
「ひっ!!?」
「リアちゃん!?」
「……黒!さっすがりーあん、期待を裏切らないね!!」
「こっの…ちょっとキュート!何すんのよ!!」
「いいお尻をありがとうりーあん!ボクはもう行くね、二人とも良い一日を~!」
「あっこら逃げんな!キュート!!!」




◇◆◇
ヘンタイなのはキュートちゃんであって、私では無いです。

……えぇ。わたしではないです。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

参加します!

偏りがひどい

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。